カテゴリー「登山」の記事

葛城山~発端丈山をハイキング♪

日曜日のお話です♪

この日は、富士山を眺められる山を目指し、深夜2時に出発。
7時過ぎに目的地に到着。ロープウエイ運行まで、車内で休憩^^
2010052220100522_06 
高所恐怖症の僕・・・若干怖いですcoldsweats01

2010052220100522_29
残念ながら、富士山見えずweep

でも、いい天気で気持ちいい~note
2010052220100522_59
葛城山の山頂は、「伊豆の国パノラマパーク」という名で、
富士山を眺めながら入れる、無料の足湯の他、アスレチックなどもありました^^

2010052220100522_55
しばらく景色を楽しんだ後は、お地蔵さんにお参りし、
発端丈山を目指し、山歩き♪

Imgp2990
しばらく階段状の坂を下ると、簡易舗装の道になりました♪

Imgp2996
その後は、気持ちのいい山道に入ります♪

目指している、発端丈山の標高は410メートル。
登山というほどではありません^^ そして一時間ほど歩くと、山頂に到着~happy01

Imgp2998
発端丈山から、葛城山を眺めてみると、うっすらロープウエイの鉄塔が見えました♪

でも、相変わらず富士山は見えません^^:
ではでは、サークルKで買ってきた、おにぎりでお昼とします♪

Imgp3000
サークルKは昔、静岡に住んでいた頃の懐かしのコンビニ。

朝食で食べたのが「すき屋」のチーズ牛丼だったので、
おにぎりは、めずらしく!?さっぱり系? しそうめ、おいしい~wink

食後は、ロープウェイの往復券を買っているで、葛城山まで戻る予定。
でも、時間があるので、少し海側に下りて写真を撮ろうshine

Imgp3006
ヨットが気持ちよさそう~note

もう少し下りると、また違う眺めかも!? よし、もう少し下りてみよう・・・

Imgp3010
富士山がうっすら見えたnote

という感じで、最終的には完全に下山coldsweats01
どうしようかな・・・また登るのもなぁ・・・バスとかで、車の近くに戻れないかな・・・

そんなこんなで、しばらく歩いてみると、バス停発見!
そして、「伊豆の国 市役所」の文字が!

確か朝、葛城山のロープウェイに車を停めるとき、この市役所が近くにあったぞflair
最悪!?また、ロープウェイまで戻ればいいや♪と思っていましたが、
無事バスで、車のところまで戻れました^^

帰りも高速は使わず、のんびりとcar 途中眠気に我慢できず「道の駅で」sleepy
そして、たいして歩いてもいないのに、お腹は減るわけで・・・


Imgp3017
途中で大好きな、とんこつラーメンを食べて、残りの運転を頑張りました^^

やっぱり富士山は、寒い時期の方が見えるみたいヾ(´ε`*)ゝ
次回は、秋ごろに、どこか富士山を眺められる山に行こうと思いますhappy01






| | コメント (10)
|

石割山~平尾山~大平山  富士山を眺めるの巻き

5月2日は快晴でしたが、何もせず・・・
ちょっとばかり後悔しつつ、0時過ぎに就寝。

そして、1時間30分ほど寝たころに、自然と目が覚め、寝付けない・・・
よし、どっかに出かけよう!と山梨へ向かったのは、深夜2時過ぎ。

Imgp2857
石割神社登山口に到着。(6時24分登山開始)

リアル富士山を見るのは、何年ぶりだろう?
きっと、テンションがあがるんだろうなぁ~!などと考えながら、石段を登ります。

Imgp2815
し、しかし長いsweat01

Imgp2816
朝錬中の子たち♪ それにしても・・・何気に、息が上る^^;

Imgp2817
石段の後は、歩きやすい登山道♪

Imgp2821
(6時55分、石割神社に到着)

「石」という字のように「割れ」ているので、石割神社。

Imgp2818
何だか、インカ帝国の遺跡のような雰囲気。

お約束のように、通り抜けてみるマーク。
すると、「時計回りに、3回周ると、ご利益がある」との表示。

うわ~、僕は逆周りしちゃったよ・・・ということでやり直し。
それにしても、この石には、神様が宿っているような雰囲気を感じます。キットソウダヨーnote

そして、(7時12分、神社を出発)
Imgp2827_2
神社を過ぎると、こういう所も出てきます。

そして、7時28分「石割山」頂上に到着~!
 
2010050320100503_95
実質、歩いた時間は「約50分」 なんか、お得感のある山だな~^^


そして、テンションが上るかと思っていたけど・・・
ただただ「見入ってしまう」と、そんな感じ。

そうこうすると、家族連れ、カップル、単独の登山者等々、登ってきましたが、
僕は、物思いに耽りながら、ぼ~と富士山を眺めるだけ。

Imgp2838_2
気がついたら、2時間も富士山を眺めてましたcoldsweats01

そろそろ、次の「平尾山」へ向けて、出発です。(9時32分)
2010050320100503_111
(平尾山頂上、10時12分到着) 雄大というか何というか・・・

平尾山には、また戻ってくる予定で、10分ほど滞在。
次の「大平山」を目指し、出発です。

2010050320100503_121
いいトレイルだなぁ~

2010050320100503_134
(11時、大平山到着) ここでも15分、ただただ富士を眺めるマーク^^;

(11時15分、出発)
Imgp2850
山道には、階段もあります。


2010050320100503_113
再び「尾平山」に到着 (11時50分) 
そして、飽きもせず、40分ほど富士を眺める、マークcoldsweats01

(尾平山から、石割神社の駐車場までは、30分ほどで到着)


なんと言うのかなぁ~、たまにはこう、景色や山歩きを楽しむのではなく、
「ぼ~と」しに、「頂き」を目指すのも、いいのかな。と感じた、山登りとなりましたconfident

| | コメント (4)
|

南天山、絶景の巻き(後編)

そんな訳で、頂上手前の岩場は、両手をついて・・・
かなりの、ビビリモードで前進。

もちろん、頂上の人がこちらを見ていないことを、確認しながら^^;
そして11時10分、無事頂上に到着。

山頂は石というか、岩がゴロゴロしていて、狭いです。
そして、2人の登山者がいたのですが・・・

2010050120100501_73
左側の男性は、年齢なんと79歳。

僕より、倍以上の年齢で山登り・・・凄いなぁ~sweat01
ちなみに、おふたりに聞いてみたところ、切り立った崖でもないので、
岩場はとくに怖くなかったとのcoldsweats01 マークはナサケナイナー

Imgp2775
昼食は、おむすびを食べながら、登山者の方と楽しく談笑♪

その後、おふたりは下山してしまったので、山頂を独り占め。
Imgp2782
記念に、セルフ撮りnote

Imgp2786
どっちを眺めても・・・

Imgp2787
いい眺めだ~sun

Imgp2788
気持ちがいい~shine

気がつくと、お2人が下山してから、1時間以上空を眺めていましたcoldsweats01
そろそろ、出発しようかな・・・13時16分下山開始。

Imgp2797
まだ、芽吹いてなかったです。

Imgp2799
あんなのが落ちてきたら・・・

Imgp2800
助からないだろうな^^;


登りの時の、沢コースと尾根コースの分岐点には
13時51分に到着。やっぱり下りは早いです。

Imgp2810
帰りも、沢の音を楽しみながら。

Imgp2802
10回ほど、沢を横断します。と、こんな感じで無事下山。


「南天山 標高 1483メートル」
またいつか、登らせて貰いたい、そんな山に出会うことができましたconfident

南天山、登山(前編)は、こちらです→クリック

一枚目の写真以外は、すべてコンデジで撮影です^^
一眼レフのE-620での、写真はこちらです→クリック


| | コメント (4)
|

小春日和の山歩き。

日曜日は快晴だったので、山登り。
行き先は、今年の1月に登ってからの、お気に入り。

Imgp2709 
沢の音色が心地いいnote


Imgp2717
雪もなく、快適です♪


Imgp2724_2
新緑が気持ちいいhappy01


この山は、標高は1000メートルに満たないものの・・・
とある方面では、関東三大「急登」といわれる坂が待っていますbomb

さいわい急坂が、長距離続かないので、助かりますcoldsweats01
そんな登りを頑張り、一つ目の「頂上」に到着!

2010042520100425_67
ここからの眺めが、好きなのですshine


150度以上?かなり好展望なのですが、やはりこのレンズだとパノラマとかで撮影しないと、雰囲気をお伝えできない感じです・・・

広角レンズとかだと、どの位の範囲が写るのでしょうか? 興味あるなぁ・・・
しばし、展望を楽しんだあとは、次の山を目指し出発ですdash

そして、二つ目の山の頂上は、300度位の展望が拓けていますnote

2010042520100425_92
ズームして、街をパチリ!


2010042520100425_96
春霞で、少しぼやっとした眺め。


2010042520100425_85
青空を眺めながらの、昼食ですup


Imgp2718
暑からず寒からず、とても気持ちのいい、山歩きが出来ましたconfident


使用カメラ  オリンパス E-620    ペンタックス Optio M60

| | コメント (4)
|

マーモットのフリース

今年の冬から、アウトドアで使い始めた、マイクロフリース。

Imgp2149_2
Marmot「TREK LITE FLEECE」

僕は、とても気に入ってしまいました!
なぜならば・・・

① 普通のフリースより薄いので、脱いだ時に、ザックに収納しやすい。
② 吸汗速乾で、汗冷えしにくい。

そんな訳で、同じモデルの色違いも買ってしまいましたcoldsweats01
でも、アウトドアグッズは、大事に使えば何年も持ちます。

そういう意味で、僕は無駄使いではないと思っていますconfident



| | コメント (2)
|

ブラックダイアモンド トレッキングポールin棒の折山

先日購入した、トレッキンポールとスタビライクスモデル
使ってみたくて、生憎のお天気ながら、お出かけ。

P4040221
名栗湖(有間ダム)に到着。 晴れてきました!


Imgp2525
でも、登山開始と同時に、曇り空に。


Imgp2527
登り始めて、しばらくすると聞こえはじめる水の音。


Imgp2529
マイナスイオンたっぷり♪


Imgp2530
何度か、沢を横断。


Imgp2539
岸壁の間を、登ります。


Imgp2540
前のおじさんも、頑張っております!


Imgp2541
水の音が、心地いい♪


Imgp2542
あっ! CX-Wのスタビライク履いてくるの忘れたwobbly


Imgp2546
沢歩きの次は階段・・・歩きづらいsweat01 でも5~6分で終了。


今度は、今までの登りから開放されて、なだらかな登り♪
そして、再び現れる、階段・・・これで三箇所目だwobbly

その後「権次入峠」に到着し、しばし休憩。
残りもあと、500mで頂上!

Imgp2554_2
また出た!皆さん歩きづらいようで、追い着いちゃいました。


Imgp2555
土がないので、丸太をまたぐか、丸太の上を歩くかのどちらか。


P4040243
到着~happy02


曇っていなければ、北関東から、日光連山までみえる好転望・・・らしいです。
確かに、頂上は開けていて、気持ちがいいhappy01

Imgp2557
お昼は、ラーメン♪


P4040256
みごとな、曇りだ!


P4040244_2
何も、見えない!


そして、帰りは「権次入峠」まで戻り、地図を検討。
行きは「白谷沢」経由でしたが、帰りは「滝ノ平尾根」で下山となりました。


そして、トレッキングポールの使い心地ですが・・・
下り道の楽なこと、楽なことhappy01

膝への負担が、おそろしく違います。
もう、マークの山歩きにポールなしは、ありえないhappy02



ちなみに、帰りの「滝ノ平尾根」ですが・・・
Imgp2564
階段は使わず、歩きましたとさcoldsweats01



| | コメント (6)
|